医薬品
ラボ

男性特有の悩みを解決してくれる正しい医薬品の見つけ方をご紹介

ジェネリック・一番の違いは値段の差

新薬はコストが大量にかけられていますが、ジェネリック薬はその二番煎じのような薬なので、安く提供できるのが一番の違いです。

また、新薬は販売する前に、有効成分の試験テストをしたり、人への副作用がないかなどを細かくチェックする必要があります。

しかし、ジェネリック薬は同じ有効成分を使って作られるので、有効成分の試験テストや副作用の影響などを調べるためのコストがかかりません。

薬の開発の時に最も面倒なのが有効成分の研究開発ですが、これがすでに済んでいるので、ジェネリックは研究開発コストが大幅に抑えられています。

ただし、ジェネリックも何もチェックがないわけではありません。

品質再評価という品質の確認があるので、薬事法による品質基準をクリアしたものだけが販売される仕組みになっています。


iyakuhinlabo •


Previous Post

Next Post

くすり堂バナー

くすり堂バナー