医薬品
ラボ

男性特有の悩みを解決してくれる正しい医薬品の見つけ方をご紹介

安価で安全なジェネリック薬という選択

ジェネリックの魅力は安価で安全なこと

ジェネリックは先発薬より効かないなどと長年言われてきましたが、この9割は思い込みによるものです。

日本人は価格が安すぎるものは低品質と考える部分が大きいので、安価なジェネリックは効かないと思い込んでしまうのでしょう。
しかし薬の成分が同じである以上、効果に大きな違いは生じません。

医療機関でもジェネリックを取り扱うところが多く、専門家も安全性を認めているのです。

ジェネリックは個人輸入サイトでも取り扱いしており、特にED治療薬のジェネリックは人気があります。

先発薬だと1錠2,000円もする薬が、その1割程度の価格で購入できてしまうのです。
最初は否定派の方も、効果を実感すると先発薬には戻れないと話されます。

保険適用にならない薬ほど、ジェネリックを利用するメリットは大きいのです。

 

なぜ安価で同じ効果が期待できるのか

薬というのは原価は微々たるものであり、多くは研究開発費の相殺なのです。
数十億円や数百億円といった莫大な資金を消費して開発される新薬は、その費用を相殺するために価格を高く設定するしかないのです。

しかも勃起不全や早漏などの治療薬は保険が使えないので、10割を自己負担で購入する必要があります。

ジェネリックは研究開発費がかからないため、1割の価格で販売しても利益が出るのです。
有効成分に違いはないので、効き目は意識しなければ変わりません。

先発薬のほうが効くと言われる方の多くは、実際に目をつぶって服用した場合、先発薬かどうか判断できないのです。
効かないという思い込みによって本当に効果が低下するため、そうした考えは持たないほうがいいでしょう。

効果も即効性も安全性も先発薬とほとんど変わりないのです。


iyakuhinlabo •


Previous Post

Next Post

くすり堂バナー

くすり堂バナー