医薬品
ラボ

男性特有の悩みを解決してくれる正しい医薬品の見つけ方をご紹介

新薬とジェネリック薬は同じ成分?

新薬(先発医薬品)とジェネリック薬(後発医薬品)は、どちらも薬の成分や効果が同じです。

新薬を作るまでには、多額の投資と長い研究期間が必要です。

だいたい10〜15年は必要で、それでやっと1つの薬が発売されます。

それから特許期間がつくのが約20〜25年で、その特許が切れると開発元の製薬会社以外でも薬を製造・販売することが許されます。

こうして作られるのが、ジェネリック薬です。

ジェネリックはすでにベースとなる新薬があるので、それをお手本にすることができます。

多少改良を加えるために研究開発等に約3〜5年かけることはありますが、少ないコストと短い研究期間で発売にこぎつけることができます。

そのため、ジェネリックは新薬よりもコストがかからないので、安く提供することができます。

効果は変わらないため成分に違いはほとんどありません、成分を変えてしまうと効果が変わってしまうためです。

ただ新しく販売するために、まったく同じとはいきませんので、飲みやすく薬のまわりをコーティングしたり製薬会社は色んな努力を薬に施しています。


iyakuhinlabo •


Previous Post

Next Post

くすり堂バナー

くすり堂バナー