医薬品
ラボ

男性特有の悩みを解決してくれる正しい医薬品の見つけ方をご紹介

早漏防止薬やジェネリック医薬品って副作用はないの?

性的なパワーの衰えを感じたり、射精のタイミングをコントロールできないなどの悩みに、効果的といわれている医薬品があります。

それらの医薬品に配合されている有効成分として、代表的なものが「ダポキセチン」と「シルデナフィル」です。
これらの有効成分を配合した医薬品は、その優れた効果が人気をよび、多くの人に愛用されるようになりました。
早漏防止に、あるいはED治療に、クリニックなどでも処方されることのある、信頼性の高い成分です。

医薬品の通販サイトなどでも取り扱われ、注目を集めています。
信頼性が高い成分であっても、作用があるということは、なんらかの副作用も、存在していると考えられます。

それぞれの成分にはどのような作用があり、そしてどんな副作用の可能性があるのでしょうか。

 

ダポキセチンの作用

早漏になってしまう理由にはいくつかありますが、特に多いといわれるのが、過度の興奮による心因性の早漏です。
これを防止するのに役立つといわれているのが、ダポキセチンという有効成分です。

ダポキセチンには、脳内のセロトニンを増加するという作用があります。
セロトニンの増加によってリラックス状態となり、射精のタイミングを遅らせることが可能とされているのです。
こうした作用によって早漏を防止しますから、あまり重大な症状などは起きにくいといわれています。

軽微な頭痛やめまい、睡眠障害などを、感じることもあるそうです。
ダポキセチンはうつ病の薬として開発されたものですし、その効果も臨床試験などによって実証されているため、信頼性、安全性が高い早漏防止薬といえるでしょう。

 

シルデナフィルの作用

シルデナフィルは、精力増強にも効果が高いとして、よく知られている有効成分です。
シルデナフィルの効果は、血管を拡張し、血流を増進することによってもたらされます。

血の巡りがよくなりますから、局部にも多くの血液が流れ込むようになり、陰茎の固さが増すといわれているのです。
固くなることにより、刺激や快感への耐性が高まり、早漏防止薬としても、効果が期待できます。

シルデナフィルの作用は、血流を促進させるというものですから、動悸やほてりなどの、副作用が起きる場合があります。

ダポキセチンとシルデナフィル、どちらも早漏の防止薬として、その効果が期待されている有効成分です。

服用には注意点などもありますので、事前にしっかりと確認し、用法を守り安全に使用しましょう。

 

早漏を改善する医薬品を詳しくご紹介


iyakuhinlabo •


Previous Post

Next Post

くすり堂バナー

くすり堂バナー