医薬品
ラボ

男性特有の悩みを解決してくれる正しい医薬品の見つけ方をご紹介

長い間使われてきたからこそ安全なジェネリック薬

ジェネリックになるまでには、約20〜25年の特許期間があります。

この間にたくさんの患者さんが使用して、効果も副作用も確認しているので、有効成分の効果から安全性まで多くのデータが得られています。

なので、ジェネリック薬は新薬に比べて安全な薬といっても過言ではありません。

たまに飲みやすくするために錠剤が小さくなっていたり、フルーツ味で飲みやすくなっているなどという加工が施されているものもありますが、それが効果に差を与えるということもありません。

日本の医療機関でも、ジェネリックを患者さんに処方してるところは多くなっています。

ジェネリックを使えば医療費の削減に結びつき、国全体の節約にもなるからです。

安く手に入るので、使い続けるタイプの薬でも経済的な負担がかかりにくくなります。

政府としても、ジェネリック医薬品の使用促進に積極的に努めているようです。

日本のジェネリック医薬品の審査基準も、米国FDAなど欧米の審査・規制当局の基準と同レベルであり安心して使用できるものといえます。


iyakuhinlabo •


Previous Post

Next Post

くすり堂バナー

くすり堂バナー