医薬品
ラボ

男性特有の悩みを解決してくれる正しい医薬品の見つけ方をご紹介

早漏改善、飲んで治すか塗って治すか

早漏の治療薬で定番と言えるのが、内服薬のダポキセチンや局所麻酔薬のリドカインです。

ほかにED治療薬が早漏の改善に利用されることもあります。勃起力が上がれば回数をこなすことができ、早漏のデメリットを軽減できます。

ただし射精までの時間を延ばす効果は期待できません。

内服薬は脳内物質セロトニンの分泌を増やし、焦りや不安を抑えることで早漏を予防します。

抗うつ薬の作用を応用したもので、欧米では早漏治療薬として承認を受けています。

日本でも評判の高い薬ですが、一部の医療機関でしか入手できず、価格もかなり高くなります。

医薬品を安価に入手するにはジェネリック薬を使用する方法がベストでしょう。

そして早漏用の成分が入った医薬品を服用するようにしましょう。

局所麻酔薬は痛み止めや痒み止めと同じ成分で、ペニスに塗ることにより感度を低下させます。

過敏による早漏には効果的ですが、勃起力が衰えるという方もいるようです。

自分に合ったものを選ぶことで早漏の悩みからは解放されます、塗り薬、飲み薬ともに試してみて決めるのが良いでしょう。

選択していく


iyakuhinlabo •


Previous Post

Next Post

くすり堂バナー

くすり堂バナー