ヘルスケア

医薬品、ジェネリック、サプリメントの違い

医薬品、ジェネリック、サプリメントの違い

 

医薬品とは

文字通り、病院で医師が処方してくれる薬や、薬局・薬店で市販されている風邪薬や頭痛薬などのこと。体に作用する有効成分が入っています。
医薬品は病気の予防や治療を目的としたものであり、その名称や成分内容、効果効能や副作用、用法や用量、分量などについて、しっかりとその品質や有効性、安全性について調査が行われた結果、正式に厚生労働大臣や都道府県の知事から承認を受けたものです。

 

続きを読む

性欲減退と勃起について

性欲減退と勃起について

 

いつも気にしていなかったことが急に起こることがあります。
そのひとつが性欲減退です。
人間にとっての欲求のひとつでありますが、その気にならなくなってくるようになるのです。

その原因としていくつかありますが、肉体的な衰え、精神的に不安定になっている、また環境的なこともあります。
年齢でいうと20歳から30歳をピークに40歳以降衰えてくることが多いのです。
もちろん肉体的な衰えもあります。
また仕事が中心となって精神的に不安定になるとその気にならないということもあります。

実はこれらには男性ホルモンが影響しているのです。
男性ホルモンの分泌量が少なくなると肉体的な衰え、精神不安定など影響があります。
男性ホルモンは一般的に30歳をこえたあたりからその分泌量が少なくなってくると言われています。

 

続きを読む

平均の持続時間は?短い時間を延ばすことは可能?

平均の持続時間は?短い時間を延ばすことは可能?

 

セックスの平均の持続時間とは

日本人のセックスの持続時間は、7~10分くらいだと言われています。

意外と短いと思うかもしれませんが、自分が思っているより早く射精しているのが現実です。

自分は1時間は持つと豪語している人も、実際は15分くらいだったりします。

また前戯を含めて1時間と言っているケースも多く、挿入だけだと10分くらいであることも多いです。

女性を満足させるためには、あまりに短いと問題があります。

女性を満足させるには

10分は持続させたいところなので、すぐに射精してしまう方は早漏治療薬を服用することも考えてみましょう。

今は経口薬が登場しており、これを飲めば即座に早漏が治ります。

完治をさせる薬ではありませんが、メンタルに原因がある症状の場合は完治することもあります。

平均時間が3分未満という方は、薬を活用した治療がおすすめです。

モテる男なら利用している医薬品の精力増強

モテる男なら利用している医薬品の精力増強

 

昔と比べて現在は、食事から得られる栄養が少なくなっています。

カロリーが多く、栄養価の少ない食事が多くなっていることが、最も大きな要因となっています。

また、人工的に作られた添加物などの摂取により、身体が酸化しやすくなっていることもあげられます。

そして、運動不足の人が多くなっており、このことは血流の悪化を助長しています。

血流の悪化は、陰茎に充分な血液を送り込めないことにつながっているのです。

これらのことに対応して精力増強をするためにモテる男が取り入れているのが、精力増強のための医薬品の利用です。

良く精力増強のためのサプリメントも販売されていますが、これらに関しては正直即効性はなく、精力増強するための栄養を補っているようなことになります。

精力、持続力、硬さ、人は年齢とともにこういった事で悩むようになりますが、現代では医薬品に頼っている男性の人口が多くなってきているようです。

悩まないで!

医薬品は病院で処方してもらうと高価ですが、インターネット通販サイトの個人輸入代行を利用すると、安価で誰にも知られず購入することができます。

意外なことに結構な男性がこっそり通販サイトを利用しているようです。

ただ通販サイトでは偽物の医薬品も出回っています、また商品が品切れにもかかわらず販売し、発送してこない業者もいます。

評価を参考に安全なサイトで購入するようにしましょう。

 

現在安全に購入できる通販サイトです。

正規品の販売をしている2サイトです、安全で安価なので試してみてはいかがでしょうか。

 

正規品

 

勃起と自律神経の仕組みについて

勃起と自律神経の仕組みについて

 

脳が発する性的興奮が伝わる過程で、自律神経に副交感神経が存在していれば、性的な興奮は男性器に届きますが、プレッシャーや、不安、過度な緊張をしているときに勃起しにくいのは、副交感神経が交感神経に入れ替わりやすいからです。

自律神経が心因性のEDと深い関わりがあるのは、この仕組みのためです。

副交感神経が支配する自律神経を性的な興奮が通過すると、無事に男性器に伝わることができます。

男性器は、海綿体という組織があります。

海綿体は血液を吸収できるようにスポンジ状になっていて、実際に血液がそのスポンジ状の組織に吸収されることによって硬くなって勃起することになります。

性的な興奮を感じていないときには海綿体がスポンジ状で柔らかく縮まっている状態になっています。

 

仕組みについて

男が勃起する仕組みとメカニズム

男が勃起する仕組みとメカニズム

 

勃起をするためには、脳から指令が出て、勃起神経を介して男性器に伝わります。

つまり、性的興奮を脳が感じ取り、無事に男性器にまで伝われば勃起するようになっています。

視覚や触覚など感覚によって性的な興奮が脳で働くと、この興奮を身体の様々な器官に伝わっていきます。

そして、脳で性的興奮が起こると勃起神経にも伝わっていきます。

脳と直接男性器が繋がっている訳ではないため、勃起神経を介して性的興奮を男性器に伝えることになります。

勃起神経は、脊髄の中にある神経の一種で、男性器までルートが伸びています。

勃起神経が脳から男性器に至る途中には、自律神経があり、精神の状態によって交感神経と副交感神経のどちらかが存在しています。

交感神経が存在しているときは性的な興奮が脳に引き戻されてしまいますが、副交感神経が存在しているときは性的な興奮を男性器に伝えてくれます。

 

脳が関係している