ジェネリック薬とは

ジェネリック薬とは何か

ジェネリック薬とは何か

 

新しい医薬品の開発には何百億円という費用と、十年単位の歳月が必要です。

そうやって開発した薬を簡単にコピーされてしまっては、誰も新薬の開発に投資しようとしなくなります。

そこで医薬品には特許が設けられ、一定期間が過ぎるまでは無断でコピーすることが禁止されています。

特許期間が終わったとき、初めて他のメーカーも同じ薬を製造できるようになります。

これがいわゆるジェネリック薬です。

続きを読む

ジェネリック・一番の違いは値段の差

ジェネリック・一番の違いは値段の差

 

新薬はコストが大量にかけられていますが、ジェネリック薬はその二番煎じのような薬なので、安く提供できるのが一番の違いです。

また、新薬は販売する前に、有効成分の試験テストをしたり、人への副作用がないかなどを細かくチェックする必要があります。

続きを読む

長い間使われてきたからこそ安全なジェネリック薬

長い間使われてきたからこそ安全なジェネリック薬

 

ジェネリックになるまでには、約20〜25年の特許期間があります。

この間にたくさんの患者さんが使用して、効果も副作用も確認しているので、有効成分の効果から安全性まで多くのデータが得られています。

なので、ジェネリック薬は新薬に比べて安全な薬といっても過言ではありません。

続きを読む

新薬とジェネリック薬は同じ成分?

新薬とジェネリック薬は同じ成分?

 

新薬(先発医薬品)とジェネリック薬(後発医薬品)は、どちらも薬の成分や効果が同じです。

新薬を作るまでには、多額の投資と長い研究期間が必要です。

だいたい10〜15年は必要で、それでやっと1つの薬が発売されます。

続きを読む

安価で安全なジェネリック薬という選択

安価で安全なジェネリック薬という選択

 

ジェネリックの魅力は安価で安全なこと

ジェネリックは先発薬より効かないなどと長年言われてきましたが、この9割は思い込みによるものです。

日本人は価格が安すぎるものは低品質と考える部分が大きいので、安価なジェネリックは効かないと思い込んでしまうのでしょう。
しかし薬の成分が同じである以上、効果に大きな違いは生じません。

続きを読む