早漏

更年期の早漏薬、口コミ人気があるのは?

更年期の早漏薬、口コミ人気があるのは?

 

更年期になると早漏になることも

更年期障害というのは女性ばかりが注目されますが、男性であっても様々な体の変化が起こるものとなっています。

その中でも多いのが性的な変化であり、更年期に差し掛かるとEDになってしまうというケースは少なくありませんが、それ以外にも早漏になってしまうというケースも多くあります。

通常は経験を積むことによって射精までの時間は伸びていくものとなるのですが、更年期となるとそれまで我慢することができていたものが我慢できなくなって候になってしまうというのは珍しくありません。

精神的にも不安定になりがちな時期なので、このような時期に性行為で失敗をしてしまうとそれがトラウマとなって余計にすぐに射精をしてしまうのではないかと不安になってしまい状況が悪化することもあります。

 

続きを読む

スクイーズ法で本当に早漏は改善するのか 効果や方法

スクイーズ法で本当に早漏は改善するのか 効果や方法

 

スクイーズ法は早漏の改善に役立つ方法であり、地道に続ければ少しずつではありますが持続時間をのばすことができるものです。

ただし、これはあくまでも早漏の原因が刺激や性的興奮に対して弱いという場合に限った話であり、機能的に何か問題があるという場合には良くなりません。
原因が別のところにあるのにスクイーズ法を試してみても意味がありませんから、そのような観点から言えば持続時間をのばすのには役に立たないといえます。
しかし、すぐに射精をしてしまう原因が刺激に慣れていないということであれば、射精までの時間を十分にのばすことが期待できるので試してみるのは悪いものではありません。

できることをできるだけすることによって、早漏というのは克服をすることができるのです。

 

スクイーズ法のやり方とは

スクイーズ法のやり方はとても簡単なものであり、一人でもできますしパートナーに協力してもらえば尚更有効な方法となります。

一人で行う場合にはマスターベーションをすることになるのですが、射精をしそうになれば刺激をやめて亀頭を抑えつけ射精をすることを我慢します。
これを何回か繰り返すことによって、徐々に刺激に対して慣れることができすぐに射精をしてしまわないように体に癖をつけることができるので持続時間をのばすことができます。

刺激を与えるのをパートナーにしてもらえば、より性行為の時に受ける刺激と同様のものをペニスに与えることができるので訓練としては高い効果が得られるものとなります。

ただし即効性があるものではありませんから、地道に続けなければなりません。

 

スクイーズ法は諦めないことが大切

スクイーズ法は早漏の原因が性行為の刺激に耐えられないというものであれば、大きな効果を期待することができます。
しかし、刺激に対して慣れるというのは一朝一夕でなるものではありませんから、持続時間がのびるのを体感するまでにはかなりの時間がかかることになります。

そうなると訓練をしていても意味が無いと思って途中で投げ出してしまいそうになることもあるでしょうが、諦めずに地道に続けることが重要となります。

成果がなければ苦しい思いをしてなぜスクイーズ法をしなければならないのかと思ってしまいがちですが、すぐに結果を追い求めると成果が現れる前に挫折をしてしまうことになりますからなかなか持続時間がのびないという場合であってもあまり気にしないで地道に続けていきましょう。

諦めないことが大事

早漏防止スクイーズ法とは?

早漏防止スクイーズ法とは?

 

スクイーズ法は早漏防止の中でも最もポピュラーな改善策のひとつとなっていて、考え方としては刺激に慣れることを目的としています。

早漏の理由というのはいくつかあるものですが、多くの場合刺激に弱いというのが早漏の理由となっているのでその刺激に慣れてしまおうというのがスクイーズ法の目的となります。

人間というのは初めての刺激に対しては非常に敏感に感じるものですが、それを何度も繰り返し受けていると段々と慣れることができます。

刺激に慣れることができれば、すぐに射精をしてしまうということがなくなるので訓練をすることによっても少しずつではありますが早漏防止につなげることができるのです。

そして、簡単な方法でも早漏防止に役立つので悩んでいる人は少しずつでも初めてみる価値はあります。

効果アップ

早漏治療に成功した人の口コミ

早漏治療に成功した人の口コミ

 

早漏防止薬やクリームなどを用いることで、射精までの時間を長く出来たという人も多くいるようです。

とくにダポキセチンなどの成分を含む医薬品は、臨床試験で効果が実証されていることもあり、多くの人が愛用しています。

こうした医薬品の効果は、長く使用するほど、高まっていくとされています。

何度も成功体験を繰り返すことにより、精神的な余裕が増していく、というのも理由かもしれません。

口コミなどを見ていくと、持続時間が3倍以上にもなった、という報告などもあります。

コンプレックスがなくなることで、男性としての自信が回復し、さらに余裕が生まれてくるのでしょう。

早漏を治すためには、まず行動を起こし、少しずつでも自信を取り戻していくことが、大切なのではないでしょうか。

 

ダポキセチンとは

脳内の神経伝達物質のひとつであるセロトニンは、快感を増幅する作用や、緊張や不安などのストレスを抑制する働きがありますが、セロトニンの脳内分泌量が少なく抑制できない為、自分の意図しない射精が起こってしまうのが早漏です。

脳内の過剰な興奮を抑え、射精するまでの時間が延長されるよう作用するのがダポキセチンです。

効果としては、射精時間が最大で3~4倍ほど延長されます。
そして服用を続けることで、より射精までの時間が延長する効果も知られています。
使い続けるほどに早漏が改善されていくのを実感したという口コミも多数あります。

 

代表的なダポキセチンの医薬品にはスーパーカマグラなど有名なものがあります。

勃起不全に悩む約25%の人におすすめ!早漏にも効果アリ?

 

その他にも早漏防止薬として口コミ人気が高い医薬品をご紹介

Marabouのプロソルーションプラスはペニス増大薬の5つ星!

 

 

インターネットで早漏の治療薬が入手できるサイト

 

正規品

 
※こちらのサイトは正規品を取扱っていますが、偽物を扱っている医薬品サイトが近年増加していますので注意しましょう。

早漏防止薬やジェネリック医薬品って副作用はないの?

早漏防止薬やジェネリック医薬品って副作用はないの?

 

性的なパワーの衰えを感じたり、射精のタイミングをコントロールできないなどの悩みに、効果的といわれている医薬品があります。

それらの医薬品に配合されている有効成分として、代表的なものが「ダポキセチン」と「シルデナフィル」です。
これらの有効成分を配合した医薬品は、その優れた効果が人気をよび、多くの人に愛用されるようになりました。
早漏防止に、あるいはED治療に、クリニックなどでも処方されることのある、信頼性の高い成分です。

医薬品の通販サイトなどでも取り扱われ、注目を集めています。
信頼性が高い成分であっても、作用があるということは、なんらかの副作用も、存在していると考えられます。

それぞれの成分にはどのような作用があり、そしてどんな副作用の可能性があるのでしょうか。

 

ダポキセチンの作用

早漏になってしまう理由にはいくつかありますが、特に多いといわれるのが、過度の興奮による心因性の早漏です。
これを防止するのに役立つといわれているのが、ダポキセチンという有効成分です。

ダポキセチンには、脳内のセロトニンを増加するという作用があります。
セロトニンの増加によってリラックス状態となり、射精のタイミングを遅らせることが可能とされているのです。
こうした作用によって早漏を防止しますから、あまり重大な症状などは起きにくいといわれています。

軽微な頭痛やめまい、睡眠障害などを、感じることもあるそうです。
ダポキセチンはうつ病の薬として開発されたものですし、その効果も臨床試験などによって実証されているため、信頼性、安全性が高い早漏防止薬といえるでしょう。

 

シルデナフィルの作用

シルデナフィルは、精力増強にも効果が高いとして、よく知られている有効成分です。
シルデナフィルの効果は、血管を拡張し、血流を増進することによってもたらされます。

血の巡りがよくなりますから、局部にも多くの血液が流れ込むようになり、陰茎の固さが増すといわれているのです。
固くなることにより、刺激や快感への耐性が高まり、早漏防止薬としても、効果が期待できます。

シルデナフィルの作用は、血流を促進させるというものですから、動悸やほてりなどの、副作用が起きる場合があります。

ダポキセチンとシルデナフィル、どちらも早漏の防止薬として、その効果が期待されている有効成分です。

服用には注意点などもありますので、事前にしっかりと確認し、用法を守り安全に使用しましょう。

 

正規品

 

塗り薬タイプの早漏治療薬の即効性

塗り薬タイプの早漏治療薬の即効性

 

即効性のある早漏治療薬は、塗り薬タイプのものです。

表面麻酔のクリームタイプで、医療現場でも使われています。
医療現場では、痛みやかゆみのある部位に塗ることで、患部を麻痺させて楽にさせるために使われています。

早漏では、これをペニスに塗って感度を下げることで射精までの時間を延長させます。
すぐに射精してしまうのは、感度が高すぎてすぐに性的刺激に反応してしまうことが原因です。

表面麻酔のクリームを塗ることで感覚を麻痺させて、挿入時間を延ばすようにします。
塗った部位にしか麻痺効果は出ないので、局部に使うのにもぴったりです。

日本人の包茎で多い仮性包茎では、普段慣れない刺激を受けてすぐに射精してしまうケースが多いです。

亀頭が敏感な人にも表面麻酔は有効です。

ただし、精神的なストレスやトラウマが原因の人には、表面麻酔系の薬では効果がないことがあります。

この場合に有効なのが、セロトニン取り込み阻害薬の成分として使われているダポキセチンを含む内服薬です。
こちらは感覚を麻痺させるのではなく、自律神経の働きを正常化させることで改善させます。

副交感神経は勃起に関わっていて、交感神経は射精に関わっています。
交感神経が優位になりすぎるとすぐに射精が起きてしまいます。

ストレスがある状態では、交感神経が優位になりやすいので、これが原因ですぐに射精に至ってしまう可能性があります。

ダポキセチンは交感神経を弱めて、副交感神経を強くさせて挿入時間を長くさせます。
副交感神経優位になるとリラックスできるので、ストレスのある状態でも効く可能性があります。

塗り薬のデメリットとして、ペニスに直接塗布するものなので女性器にも影響します。
女性器まで麻痺してしまい女性が感じなくなるという声も多くありますので注意が必要です。

早漏改善、薬を飲む以外にも方法はある

早漏改善、薬を飲む以外にも方法はある

 

薬以外で早漏を防止するには、精力増強サプリや部厚いコンドームを利用する方法があります。

サプリメントは手軽に飲めて副作用も少ないことが利点です。

ただし効果には個人差が大きく、怪しげな製品も多いので要注意です。

厚めのコンドームは局所麻酔薬と同じで、感度の低下により早漏を防止します。

効果を高めるため、内側に麻酔薬を塗った製品もあります。

デメリットは感覚が鈍くなりすぎる恐れがあることです。

副作用が心配な方は、医薬品以外の方法を試してみるのも良いでしょう。

多少のリスクがあっても安価で確実な効果を狙いたいという方には、海外製ジェネリック医薬品の利用がお勧めです。

できるだけリスクを抑えるためには、長年の実績と信用のある個人輸入代行サービスを選ぶことが大切です。

その他にもスクイーズ法という刺激になれて早漏を改善する方法もあります。

自分で簡単にできるスクイーズ法のやり方

 

他にも方法はある

早漏改善、飲んで治すか塗って治すか

早漏改善、飲んで治すか塗って治すか

 

早漏の治療薬で定番と言えるのが、内服薬のダポキセチンや局所麻酔薬のリドカインです。

ほかにED治療薬が早漏の改善に利用されることもあります。勃起力が上がれば回数をこなすことができ、早漏のデメリットを軽減できます。

ただし射精までの時間を延ばす効果は期待できません。

内服薬は脳内物質セロトニンの分泌を増やし、焦りや不安を抑えることで早漏を予防します。

抗うつ薬の作用を応用したもので、欧米では早漏治療薬として承認を受けています。

日本でも評判の高い薬ですが、一部の医療機関でしか入手できず、価格もかなり高くなります。

医薬品を安価に入手するにはジェネリック薬を使用する方法がベストでしょう。

そして早漏用の成分が入った医薬品を服用するようにしましょう。

局所麻酔薬は痛み止めや痒み止めと同じ成分で、ペニスに塗ることにより感度を低下させます。

過敏による早漏には効果的ですが、勃起力が衰えるという方もいるようです。

自分に合ったものを選ぶことで早漏の悩みからは解放されます、塗り薬、飲み薬ともに試してみて決めるのが良いでしょう。

選択していく

ED治療薬との相乗効果で早漏改善

ED治療薬との相乗効果で早漏改善

 

ED治療薬は勃起を長続きさせる作用があるため、早漏改善にもある程度の効果を期待できます。

年を取って活力が衰えると、勃起不全と早漏を併発することもよくあります。

ED治療薬と早漏治療薬の飲み合わせは禁忌ではないので、一緒に服用することができます。

そこで、あらかじめ2種類の医薬品を配合した製品も販売されています。

両方ともジェネリックで価格が安く、相乗効果で充実した性行為を楽しめるとして、通販サイトでも人気が高い製品です。

早漏改善には塗り薬やスプレーなどの方法もありますが、性感を鈍らせるという欠点があります。

また訓練をするには時間がかかり、結果にも個人差が出ます。

いろいろな方法で効果がなかった方は、手に入りやすい内服薬を試してみるのも一つの方法です。

ED治療薬を詳しく知りたい方はこちら

早漏改善薬を詳しく知りたい方はこちら

早漏改善 人気のジェネリック医薬品

早漏改善 人気のジェネリック医薬品

 

内服薬で早漏改善ができる

早漏の大部分は心因性のもので、過度の緊張や不安感などが影響しています。
人間は緊張すると交感神経の働きが活発になり、射精を早く終わらせるスイッチが入ってしまいます。
早漏改善のためには精神をリラックスさせ、副交感神経の作用を活性化させるのが効果的です。

精神安定剤や抗うつ剤を飲んでいる人は、射精が遅れ気味になることが以前から知られていました。
この効果を早漏改善に使う試みが行なわれ、現在では内服するタイプの早漏治療薬が発売されています。

主成分はダポキセチンで、抗うつ剤としては効き目があまり強くありませんが、射精を遅らせる効果は臨床試験で確認されています。
この薬は速やかに吸収・排泄されるので副作用が少なく、効果があることから人気があります。

 

価格の安い薬を入手するには

早漏改善に内服薬を用いることは、欧米では承認されていますが、まだ日本の厚生労働省は認可していません。
しかし輸入することは認めており、一部のクリニックでは販売されています。
とはいえ自由診療となるので保険がきかず価格が高いため、気軽には利用しにくいのがデメリットです。

できるだけ安価で早漏改善をしたい方に人気なのが、ジェネリック医薬品を利用する方法です。
開発費のかからないジェネリックなら、先発薬よりもずっと安く購入できます。

日本では特許が切れていないため、製造販売すると違法になりますが、インドでは合法的に生産されています。
個人で使う分だけなら、これを個人輸入することも合法です。

自分で輸入手続きをするのは大変なので、ほとんどの方は代行業者の通販サイトを利用しています。

 

購入や価格が知りたい方は通販サイトを参考に

人気のジェネリック薬をたくさん扱っている個人輸入代行サイトです。

 

正規品