早漏

早漏はなぜ起こるか?

早漏はなぜ起こるか?

 

最近では、前立腺肥大症を原因として、ED(勃起障害)と早漏を合併する人が増えています。

ED患者の25%は、早漏で悩まされていると言われています。

続きを読む

早漏改善に効果的なおすすめの医薬品

 

精神的なことが原因であれば、心療内科や精神科、カウンセリングなどを頼ることも必要です。

ただ、病院には行きたくないという場合には、医薬品で改善させるのがおすすめです。

例えば、局部麻酔効果があるクリームをペニスに塗ることで、局部の感覚を鈍くさせて射精までの時間を延長させることができます。

続きを読む

早漏には服用タイプもおすすめ

早漏には服用タイプもおすすめ

 

塗り薬の塗る量を間違えるのが心配だったり、こそこそと塗り薬を使うのが面倒な人は、服用タイプの早漏防止薬がおすすめです。

ダポキセチンという有効成分は、セロトニン取り込み阻害薬と言われていて、射精しやすくなる交感神経の状態を弱くして、副交感神経が優位になるようにします。

続きを読む

飲むだけで簡単に早漏を改善できる治療薬

飲むだけで簡単に早漏を改善できる治療薬

 

射精のコントロールがうまくいかないで、性行為に不安を感じている男性が多いです。

射精のコントロールがうまくいかない場合は、緊張や不安、ストレスや人間関係のトラブルが原因になるケースも多いです。

ナイーブで感受性が高い男性になればなるほど、性行為がうまくいかないと不安になることが多いといわれています。

続きを読む

簡単に射精をコントロールできるようになる方法

簡単に射精をコントロールできるようになる方法

 

女性は性行為の最中で男性の射精が早すぎると、物足りなく感じフラストレーションが溜まってしまいます。

男性も自分で射精がコントロールできないと、性行為は苦痛に感じたり、フラストレーションが溜まりやすくなります。

続きを読む

少しでも射精を遅くできる方法

少しでも射精を遅くできる方法

 

包茎や仮性包茎の人は、日ごろは亀頭が包皮で隠れているので、亀頭への刺激が少ないです。

亀頭が刺激になれていないと、性行為の時の刺激ですぐに射精をしてしまいます。

包茎や仮性包茎を病院に通い、手術をして治すと亀頭が刺激に慣れて、射精をコントロールできるようになります。

手術をしたくないという人は、矯正器具を使い自分で治す方法もあります。

続きを読む

早漏改善 人気のジェネリック医薬品

早漏改善 人気のジェネリック医薬品

 

内服薬で早漏改善ができる

早漏の大部分は心因性のもので、過度の緊張や不安感などが影響しています。
人間は緊張すると交感神経の働きが活発になり、射精を早く終わらせるスイッチが入ってしまいます。
早漏改善のためには精神をリラックスさせ、副交感神経の作用を活性化させるのが効果的です。

精神安定剤や抗うつ剤を飲んでいる人は、射精が遅れ気味になることが以前から知られていました。
この効果を早漏改善に使う試みが行なわれ、現在では内服するタイプの早漏治療薬が発売されています。

続きを読む

ED治療薬との相乗効果で早漏改善

ED治療薬との相乗効果で早漏改善

 

ED治療薬は勃起を長続きさせる作用があるため、早漏改善にもある程度の効果を期待できます。

年を取って活力が衰えると、勃起不全と早漏を併発することもよくあります。

ED治療薬と早漏治療薬の飲み合わせは禁忌ではないので、一緒に服用することができます。

そこで、あらかじめ2種類の医薬品を配合した製品も販売されています。

続きを読む

早漏改善、飲んで治すか塗って治すか

早漏改善、飲んで治すか塗って治すか

 

早漏の治療薬で定番と言えるのが、内服薬のダポキセチンや局所麻酔薬のリドカインです。

ほかにED治療薬が早漏の改善に利用されることもあります。勃起力が上がれば回数をこなすことができ、早漏のデメリットを軽減できます。

ただし射精までの時間を延ばす効果は期待できません。

続きを読む

早漏改善、薬を飲む以外にも方法はある

早漏改善、薬を飲む以外にも方法はある

 

薬以外で早漏を防止するには、精力増強サプリや部厚いコンドームを利用する方法があります。

サプリメントは手軽に飲めて副作用も少ないことが利点です。

ただし効果には個人差が大きく、怪しげな製品も多いので要注意です。

続きを読む